お金を借りるときの審査手続き・内容は?銀行か消費者金融か?

審査はなぜ行う必要があるのか?

お金を借りるときにはやはり審査があるのですが、そもそも審査はなぜあるのかといいますと、金融機関にとって融資というのは利益になると同時にリスクにもなります。

貸した相手が返してくれなかったら、そのまま不良債権になるので、貸す側にとってはその分がマイナスになります。

なので、金融機関はマイナスにならないためにも、しっかりとした審査を行っています。

一般的に、銀行系の方が審査が厳しくて、消費者金融系の方が審査が緩いと言われています。

なので、審査に自信が無かったら消費者金融の方でお金を借りるといいでしょう。

審査基準の内容とは?審査はどのように行っているの?

審査するときには、どのような基準で審査を行っているのでしょうか。

審査するときにはスコアリングというものがあり、それで融資可能かどうかをチェックしています。

なので、審査が早い金融機関などは、まずはこのスコアリングを参考にして融資可能かどうかを決定しているので、スピーディーな審査ができるのです。

また、まだキャッシングしたことないけど、今度お金を借りる可能性がある方は、普段からの信用状態を良くするようにしておきましょう。

クレジットカードを使用しているのであれば、必ず毎月返済しておくことが大原則です。

できるだけ審査落ちしないでキャッシングしたい

ただ、お金を借りたいときは、できるだけすぐにお金を借りたいと思うのが人情です。

なので、できるだけ審査落ちしないようにしたいものですが、そのためには審査が比較的緩い金融機関を利用するといいでしょう。

では、どこが審査が緩いのかといいますと、銀行系よりも消費者金融系の金融機関です。

消費者金融は金利が高いですが、その分審査は緩いです。

専業主婦でも学生でもフリーターでもお金を借りることができるので、キャッシングしたい方は銀行よりもアコムプロミスなどを利用してみましょう。

お金を借りる前に気をつけることは?

審査と金利は反比例の関係にあるので、審査が緩ければ緩いほど金利が高くなると思った方がいいでしょう。

なので、審査が緩いのは大事なことですが、きちんと返済できるかどうかを考えることが大事です。

大手の消費者金融であれば、銀行よりも金利は高いものの、できるだけ金利を抑えていますので、中小の消費者金融よりもテレビCMで宣伝されている消費者金融の方がいいでしょう。

また、大手の方が安心感がありますし、無利息期間もあるのでとてもお得にお金を借りることができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする