【重要】お金を借りるときの注意点は金利の比較!さらにATMの手数料も考慮することが大事!

お金を借りるときには金利で選ぼう

今やたくさんの消費者金融があり、それぞれ独自のサービスを展開しています。

しかし、お金を借りるときの大原則は、金利が低いところから借りることです。

なぜなら、同じ金額を借りたとしても、金利が低いところの方がトータルの返済額が少なくなるからです。

なので、基本的には金利が低い銀行系からキャッシングするといいでしょう。

銀行系であれば、3.0%や4.0%などの低金利で提供しているので、お金を借りるときにはとても重宝します。

また、金利が安いと毎月の返済も楽になります。

無利息期間を上手に使うことも大事

また、銀行にはありませんが、消費者金融の中には30日間無利息期間があるところがあります。

無利息期間というのは、その間は一切利息がかからないということなので、例えば30日後に返済できれば元金のみの返済でいいということです。

消費者金融の多くが無利息期間を設定していますので、短期間で返済できるアテがあるのであれば、銀行ではなくて消費者金融の方がいいでしょう。

一般的に金利の高い消費者金融ですが、このように上手に活用すればむしろ銀行系よりも返済金額が少なくて済みます。

金利が安い金融機関で気をつけることは?

金利が安いのはいいことですが、注意点があります。

それは、ATMの手数料です。

実は金融機関によっては、ATMを使用するときに手数料が毎回108円などかかることもあります。

1回108円ですが、利用するたびに手数料がかかるのであればトータルで考えると大きな金額になります。

なので、金利が安い消費者金融や銀行を見つけたとしても、安易にそこに決めるのではなくて、ATMの利用料金までしっかりと考慮しておく必要があります。

まずはどこが金利が安いのかを調べて、その後にATMのことも調べると効率的です。

金利が安い金融機関をご紹介!

では、どこの金融機関の金利が安いのでしょうか。

消費者金融の中ではプロミスがとても安く、なんと最低4.5%からになります。

給料日前などにお金が足りなくなったら、プロミスを利用すれば安い金利でキャッシングできます。

また、プロミスには無利息期間もあるので、つなぎとして利用するのもいいでしょう。

プロミスは大手消費者金融なので、対応がとても迅速かつ丁寧です。

あなたが思っている以上に怪しいイメージはありませんので、お金を借りたくなったらまずはプロミスに相談してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする