お金を借りたときの返済方法はどうすればいいの?返済するときの4つの豆知識を教えます!

金融機関ごとに返済方法が異なってくる

お金を借りたら当然返さないといけませんが、実は返済方法は各金融機関ごとによって異なっているのです。

どのように異なっているのかといいますと、定率リボルビング方式とか残高スライド方式などの色んな方法があります。

どれも一長一短がありますので、基本的にはあなたがどのような返済方法であれば問題無く返済できるのかを確認することが大事です。

なので、契約のときに返済方法を確認して、それが自分にとって返済しやすい方法であることを確認しておきましょう。

返済の最低額はいくらからなの?

返済するときには、毎月最低どのくらい入金する必要があるのかは契約のときに決まります。

金融機関によってバラバラですが、毎月5000円の返済や3000円の返済など、基本的にはあなたが返済できる金額で大丈夫です。

毎月の返済額をできるだけ少額にすれば、ほとんど負担無く返済できるのですが、その分長期間に渡って返済を続けないといけなくなります。

なので、返済するときにはやはりある程度まとまった返済をしないといつまで経っても完済できないので注意しておきましょう。

また、金融機関の場合は金利から返済するような仕組みになっていることがほとんどなので、元金はなかなか減りません。

いつ返済すればいいの?返済日の設定方法

基本的には毎月1回返済になることがほとんどです。

金融機関によって毎月10日や20日に引き落としなど設定されているので、その日に間に合うように口座に入金しておきましょう。

また、返済するときには銀行振込が基本です。

ただ、ボーナス時など、まとまった金額が手に入ったときにはATMから入金することもできますので、その点は金融機関に確認しておきましょう。

また、一括返済も可能なので、そんなときには事前に電話して指定の金額を口座に振り込むようにしてください。

お金を借りるときは返済のことも考えよう

今や簡単にお金を借りることのできる時代ですが、返済のことまでしっかりと考えてお金は借りるようにしてください。

必要以上にお金を借りたところで、あなたの首を締めるだけになります。

また、返済するときには滞納しないようにすることも大事です。

滞納が遅れたりすると、あなたの信用状態に傷が付くので、次回の審査のときに却下されたり、金利が余計かかったりするケースもあります。

優良顧客であれば、金融機関の方から金利を下げてくれるオファーがあるので、毎月きちんと返済するようにしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする