お金を借りるなら銀行カードローンがお勧め!銀行カードローンの最大のメリットはこれだ!

銀行カードローンのメリットは何か?

カードローンは、銀行も消費者金融もノンバンク系も行っているローンです。

ただ、銀行のカードローンには大きなメリットがあります。

それは、総量規制の対象にはならないということです。

総量規制とは、年収の3分の1までしかキャッシングできないという制度です。

だから、少額しかお金を借りないという方なら別にいいのですが、たくさんお金を借りたい方にとっては総量規制の影響は無視できるものではありません。

だからこそ、大きく借りたい方は銀行カードローンの方がいいのです。

銀行カードローンは何回でも利用できる

カードローンでは、キャッシング専用のカードを発行してくれますので、例えば30万円キャッシングしたとしてもきちんと30万円完済したら、次回も審査無しで30万円の借り入れが可能になります。

いちいち審査をしなくていいのでその分スピーディーにキャッシングできますし、きちんと返済しておけば利用枠を増やすこともできます。

また、銀行カードローンは基本的には個人利用に限られますので、事業用としてカードローンを利用することは難しいです。

そのときは別途銀行に相談するといいでしょう。

銀行カードローンを利用するためには?

では、銀行カードローンでお金を借りるときはどうすればいいのでしょうか。

それにはまず審査というものがあります。

審査によって、あなたにどのくらいの金額を貸すことができるのかが決まります。

逆に言えば、審査に通らないと1円もお金を借りることはできません。

審査に通るためにはどうすればいいのかですが、信用状態や返済能力をチェックされるので、きちんと毎月収入があってローンの支払いを滞り無く行っている人であれば、ほぼ問題無く銀行カードローンの審査には通ります。

金融機関同士はネットワークで繋がっている

信用状態が優良な人であれば、基本的には審査に落ちることはありません。

しかし、信用状態が悪い方は審査に落ちてしまいます。

また、金融機関同士では、顧客情報を共有しているので、A社で審査に落ちてしまったら、B社でも同様に落ちることがあります。

金利が高い金融機関であれば審査に通ることはありますが、それだと返済がとても大変になるので、普段から返済するときは滞り無く行うようにしてください。

また、信用状態を良くするためには、普段からクレジットカードを使用することも大事です。

全くの新規の場合だと、逆に審査に落ちやすくなるので注意してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする